• 撮れたてフォト
  • 撮れたてフォト


宝登山神社参道の景観
宝登山神社参道(埼玉県秩父郡長瀞町)

埼玉県秩父郡長瀞町にある宝登山神社参道の桜は長瀞駅を下車すると見える白色の大きな鳥居から宝登山神社まで続く参道には約400本の桜並木が続きます。長瀞駅を下車してからの道のりは上り坂となりますので散策やサイクリングなどでお楽しみになる場合はご注意ください。

長瀞北桜通りの景観
長瀞北桜通り(埼玉県秩父郡長瀞町)

長瀞北桜通りの桜は日本さくら名所100選に選ばれる桜の名所です。長瀞駅から高砂橋まで約4Kmにわたり続く桜並木は600本を越える見事な桜が楽しめます。歩道もありますがピーク時には車の往来が激しくなりますのでサイクリングや散策などで桜を楽しむ場合は注意が必要です。

長瀞南桜通りの景観
長瀞南桜通り(埼玉県秩父郡長瀞町)

長瀞南桜通りは長瀞駅から上長瀞駅前まで約2Km続く桜並木は約200本のソメイヨシノが楽しめます。長瀞の町はいたるところで桜色にそまり、散策やサイクリングを楽しみながら桜見ができます。北桜通りとあわせて計6Km800本もの桜を楽しめるスポットです。

法善寺の景観
法善寺(埼玉県秩父郡長瀞町)

法善寺の2本の枝垂れ桜は町指定の天然記念物に指定されております。推定樹齢は与楽の地蔵さくらが80年、弥陀のさくらが100年を超えるといわれており、枝張りが16メートルにもおよび、満開時には花火のようにも感じられるほど躍動的で見事な花を咲かせます。

通り抜けの桜の景観
通り抜けの桜(埼玉県秩父郡長瀞町)

埼玉県秩父郡長瀞町にある通り抜けの桜は31種類、約500本のヤエザクラを楽しむことが出来ます。見頃時期にはライトアップもおこなわれ幻想的な夜桜を楽しむことが出来ます。例年4月中旬から下旬にかけて見頃を迎えます。

大手の桜の景観
大手の桜(埼玉県秩父郡長瀞町)

埼玉県秩父郡長瀞町にある大手の桜は推定樹齢約200年とされており「物見の桜」ともいわれており生い立ちは諸説あります。品種は江戸彼岸桜となります。見頃は染井吉野桜より少し早く例年3月下旬から4月上旬にかけて見頃を迎えます。